クラウドコンピューティングは「ステロイドでアウトソーシングする」

シンガポール – クラウドコンピューティングは、中国アウトソーシング企業HiSoftの最高経営責任者(CEO)によると、アウトソーシングの最高の形態です。同氏は、中国は依然としてインドのオフショア市場でのインドの高度化と優位性に追いついているが、本土には世界のアウトソーシングハブとして最終的に浮上することができる独自の利点があると付け加えた。

HiSoftのCEO、Loh Tiak Koonはクラッシュではなく、クラウドコンピューティングとアウトソーシングの重複がアジアのウェブサイトにあると説明した。

ある企業が雲になってインターネットベースのサービスを購入した場合、自社のデータセンターを運営していないか、独自のソフトウェアやハードウェアを購入していないという。しかし、クラウドへの移行は、企業が「データセンター、ソフトウェア開発、すべてを実質的にアウトソーシングする」ことを意味し、クラウドコンピューティングを「アウトソーシングの最高の形態」と述べたLoh氏を指摘した。

言い換えれば、クラウドコンピューティングは「ステロイドのアウトソーシングモデル」だとCEOがまとめた。

iPhone;再販のためにiPhoneを安全に拭く方法;エンタープライズソフトウェア;甘いSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを握っている;ハードウェア; Raspberry Piは1000万回の売上を奪い、「プレミアム」バンドル、iPhone、A10 Fusion:シリコンがAppleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plus

それは、現在のクラウドの採用率は、アウトソーシング会社が完全にサービスを預けることができるレベルではない、とLohは指摘した。同氏は、クラウドが実際に離陸を開始できる地点に到着したばかりだと付け加えた。そこには十分な人がいて、価格ポイントが非常に魅力的になったからだ。

シンガポールに新しく統合された地域本部を発表した上場企業HiSoftは、伝統的なアウトソーシングとクラウドサービスとアプリケーションの両方を提供している。クラウドコンピューティングは、クラウドコンピューティングが重要なポートフォリオであるにもかかわらず、クラウドコンピューティングがどのようなサービスモデルを採用しているかに応じて、最終的にクライアントからのリードを得ていると強調した。

アウトソーシングの巨人:中国とインド、ロウは、世界のアウトソーシング業界における中国の現在の株式は、インドが10年前の場所であることを認めた。しかし、成長率の面では、遅く入っても中国は確実に早く成長しています。

彼は、中国が今日のアウトソーシング・ホットスポットであると考えていました。巨大な国内IT市場、巨大な労働力、高等学校の第二言語として導入された英語能力の向上、そして最も重要な支持政府です。

アウトソーシング業界が盛んになるためには、非常に高い帯域幅のインフラとインターネット接続が必要であるとLoh氏は認識していました。アウトソーシングを促進する中国政府の取り組みの一部には、これらの必需品を優先させるインフラストラクチャーの建設が含まれており、ロイがインドよりも強力なインフラストラクチャー能力と見なすものにつながります。

CEOはまた、中国がアウトソーシングに持つ独特な差別化要因を強調しました。これは、グローバルな電気通信およびインターネット業界をリードしています。

同氏は、同国は急速に成長しているモバイルWeb市場の1つであり、世界最大のオンライン人口を持っているとコメントしています。さらに、検索エンジンBaidu、オンラインビデオサイトYouku、e-retailサイトTaobaoなど、欧米のインターネット大手企業と同等の地位を誇っています。

そのような膨大な量の消費者とデータを管理するために、Lohは中国の国内IT企業が高度なIT専門知識、スキル、サポートアーキテクチャを持っていると考えました。同氏は、これと同様の業界で働く外国企業にこのようなサービスを輸出する良い立場にあると述べた。

さらに、いくつかのグローバル企業は、「彼らが逃すことのできない非常に重要な最終市場」であるため、中国に進出したいと考えています。

したがって、インドとフィリピン、マレーシアとの競争にもかかわらず、業界が成長し続ける中で、「中国は間違いなくアウトソーシングの中心地になるだろう」とロは述べた。

Lohは、アウトソーシングの持続的な増加とは対照的に、ハードウェア業界は急速に成長しておらず、ラップトップやPCの代わりに携帯電話に目を向ける消費者が増えているため、デバイス中心の市場に向かうと説明しました。同様にソフトウェア部門では、人々は多くのソフトウェアを購入せず、代わりにSalesforce.comなどのクラウドサービスに切り替えることになります。

グローバルテクノロジー産業のサービス部門はますます大きくなり、そのうちのアウトソーシングが全体の約3分の1を占めるようになりました。

この増加をより有効に活用するため、HiSoftはアウトソーシングに近づく方法で国際的かつグローバルな視点を取ります。同社が設立された中国だけで機能を構築することに焦点を当てるのではなく、シンガポールがその地域本部である西アジア(米国とヨーロッパ)、日本、南アジアにも戦略と事業運営を拡大すると述べた。

シンガポールは南アジア市場への戦略的な玄関口であり、マレーシアのような近隣諸国を叩くものであるとロイ氏は説明し、裕福な経済と才能移転に対する政府の開放性のためにHiSoftにとって論理的な選択であった。

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

A10 Fusion:Appleの新しいiPhone 7とiPhone 7 Plusを強化するシリコン