速く近づいている技術製品の義務を排除するためのグローバルな取り引き

今後2ヶ月以内に、中国、欧州、米国など数多くの国々と技術製品の関税を撤廃する取り決めが成立する可能性がある。

ロイター通信によると、情報技術産業協議会(ITC)を含む米国の技術団体は、記者会見で、7月末までに協定を固めることについて「楽観的」であると述べた。

欧州連合(EU)だけでなく、中国や米国を含む12カ国以上の代表が、今週の世界貿易機関(WTO)加盟国と会談し、潜在的合意について話し合った。各国は、WTOの情報技術協定の拡大を交渉しようとしており、電話、ソフトウェア、PCなどの多くの製品に対する税務義務を免除している。しかし、協定の加盟国と消費者技術の変化する状況を考慮して、各国は現在の市場動向を反映するために洗練と拡大を模索しています。

WTOマイケル・ポンケ駐韓大使は、今後数カ月間にわたり協定の拡大に向けて「多くの進展」を望んでいると述べ、「後ではなくITAの議論を早急にまとめることができない理由は論理的にない」と述べた。

米国は、元の契約でカバーされていないスピーカー、ヘッドセット、フラットスクリーンディスプレイなどの消費者向け製品を取り入れることを望んでいます。

しかし、フラットスクリーン製品に対する14%の関税を規定している欧州連合(EU)は、これまでのところ包括的に抵抗してきた。

約4兆ドルの貿易が現在の取引でカバーされているが、現在の消費者需要と技術的拡大を反映して協定が変更されれば、さらに800億ドルがカバーされると見積もられている。

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

米国の法執行機関はオンライン詐欺師を投獄し、セキュリティ、FBIは米国州議決権行使システムの違反を検出、イノベーション、26億ドルの独占禁止法承認を取得SolarCityの買収

米国の法執行機関は、オンラインの詐欺師をバーの後ろに投げつける

FBIは米国の州議決権行使システムの違反を発見

テスラ、SolarCity買収で26億ドルの独占禁止法承認を取得