シスコの新たな焦点は、Q2の恩恵を受ける

ネットワーキング大手のシスコは、第2四半期の業績が第2四半期を上回ったと報告し、その新たな焦点が功を奏していると述べた。

シスコは、第2四半期の売上高を115億米ドルとし、22億米ドル(1株当たり40セント)と報告しています。非GAAPベースの利益は1株当たり47セントでした。

ウォール街は、112億米ドルの収入で1株当たり43セントの利益を探していた。

声明の中で、シスコの最高経営責任者(CEO)であるジョン・チェンバース氏は、 「当社の業務重点は引き続き肯定的な結果を出し続けており、四半期ごとに10億ドルの費用削減を早期に達成し、継続的な革新により顧客は重要なビジネスニーズを解決することができます。 。

同氏は、シスコが他社を凌駕してシェアを獲得しているようだが、トータルプロダクトはシェアを伸ばしているようだと語った。第2四半期の受注は前年同期比で7%増加しましたが、シスコは製品サイロを打ち破って以来、より多くの取引を終了しています。「販売組織のパイプラインでのこのビジネスの近い率は、 UCS(Unified Computing System)の売上高は前年同期比で91%増加しています。「私たちはQ2に1786人の新しいUCS顧客を追加しました。欧州、中東、アフリカ、ロシアが29%、アジア、中国、日本が売上高の17%を占め、売上高の54%を占めた。 1年前から

アナリストとの電話会議で、Chambers氏は次のように述べています

数字で

ウェブサイト経由で

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

シスコは第4四半期に467億米ドルの現金および現金同等物を締結し、第2四半期には31億米ドルのキャッシュ・フローを生み出した。第2四半期の未決済残高は31日であった。第2四半期の在庫は11.1 1年前の同じ四半期の10.6から。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアを置く「リーダーシップの位置」で:ビル・モロー

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow