ディーキン大学、GMと未来の自動車をデザインするパートナー

ディーキン大学の研究者は、ゼネラルモーターズ(GM)と提携し、自動車市場の未来に向けて「革新的で競争力のある」ソリューションの開発に注力しています。

ディーキン副長官は、「ディーキンはコストと炭素排出の同時削減を含む、世界の自動車産業が直面する問題の解決の最前線に立ってきた」と語った。

我々はすでに、業界およびサプライヤーと協力してこれらの問題に取り組む多くのプログラムを持っているので、ゼネラル・モーターズ・グローバル・リサーチとこの新しいソリューション・ベースのパートナーシップを開始することは本当に興奮しています。

アストハイマー氏は、新しいパートナーシップはGMのトム・ストートン(Tom Stoughton)が議長を務める取締役と取締役を迎える正式な組織として設立され、ディーキンのチョン・ユン(Jeong Yoon)

このパートナーシップは、Deakinの工学部とFrontier Materials研究所の研究者、そして鉄鋼メーカーのPosco、自動車部品メーカーSungwoo HiTech、韓国を含む韓国の自動車企業産業技術研究所と韓国材料科学研究所。米国に本拠を置く商用ソフトウェアグループLivermore Software Technologyとグローバル仮想プロトタイプ作成会社ESI Groupも出席する予定です。

研究開発は、ディーキンとGMが水曜日に開かれたビクトリア州ジーロングの国際製造革新センター(ICIM)から実施される。

ディーキンは、このセンターは技術主導の自動車製品を開発すると述べた。同センターの初期の焦点は、モデルを市販のソフトウェアに実装する前に、較正試験手順を含む先進的な構成モデルと故障モデルを開発することだと語った。

今年初めに、GMの最高技術責任者(CIO)Jon Laucknerは、同社は、Googleと共同で自律型車両技術を開発するというアイデアを公開していると語った。

ロイター通信とのインタビューで、「私は、我々が何をするかどうかを決めるのは担当していないが、私たちは彼らと議論することができるだろうと確信している」と述べた。

当時、Laucknerは、Googleの自律型車両プログラムで現在作業している多くの人々がGMと過去に協力してきたと述べ、Googleが自律型車両の研究開発に貢献することに強い貢献をしていないと「完全に驚いている」 。

3Dプリンティング、3D印刷、木版加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーション、ビクトリア州は現地の技術者の夢の実現を目指しています、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの組織原理は何ですか?

先週、テストを受けている自家用車の大量生産への潜在的な動きを熟考していると発表した。 GoogleXのポリシー責任者であるSarah Hunterは、California Public Utilities Commissionの聴衆に、「実際に自走車を実際に構築するために、数百台の自走車を作っていく」と語った。

Googleは最近、自家用車が過去6年間に11回の事故に巻き込まれたと認めたが、すべての衝突は他の運転者によって引き起こされたと述べた。

南オーストラリア州政府は、7月に、国家独立調査機関ARRB Groupと共同で、今年11月にアデレードの道路で無人運転車をテストすることを発表しました。

ARRBのAustralia Driverless Vehicle Initiativeの一環として、独立系機関は、Tonsley Innovation ParkのSouthern Expresswayと、アデレード空港の新しく開設されたVolvo XC90の自己運転機能とセルフパーキング機能のテストを行います。

先週、国際的な乗り継ぎアプリUberはペンシルバニア州ピッツバーグのCarnegie Mellon University(CMU)に550万ドルを渡し、顧客の安全性を向上させるための技術開発に注力した。

Uber教授は、Uberの技術リーダーがキャンパス内とナショナルロボティクスエンジニアリングセンター(NREC)の両方でCMUの教員、スタッフ、学生と緊密に協力して研究開発を行うためのフォーラムを提供すると述べたマッピングと車両の安全性と自律性の技術。

今月初め、東京に本拠を置くエレクトロニクスメーカーソニーは、同社CEOの平井和夫氏が財務見直しを発表したことで、自動車メーカーへの参入を否定していないと述べ、同社は伝統的な自動車メーカーと提携し、電気自動車の登場により、新しい選手の参入障壁が低下したと言っている。

8月にはノキアがアウディ、BMW、ダイムラーに「Here」の地図を28億ユーロで売却し、各当事者は同等のシェアを獲得し、その月の後半にドイツのダイムラーは自らの「Future Truck」が本当のトラフィック。

昨年、日本の自動車メーカー、日産は、2020年までには道路準備自立車を稼働させると発表した。同氏はまた、今後5年間で商用の自家用車を推進していると述べ、フォードは自律運転技術研究計画本格的な高度なエンジニアリングプログラムまで

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?