ハンズオン:Lumina Desktop 1.0.0

私は最近、Lumina Desktop Environmentの最初の正式リリース(1.0.0)のリリース発表を見ました。私はいつもこのような興味深い新しい開発を探しています。この発表では、LuminaはさまざまなLinuxディストリビューションに簡単にインストールできるとのことでした。その多くは私がインストールしたものです。

ルミナデスクトップ1.0.0 – マンジャロ16.06.1

最初にここに最初に入れるには、ルミナとは何ですか?これは、コンパクトで軽量なグラフィカルデスクトップ環境です。現在利用可能な他の「軽量」デスクトップのフォークとしてではなく、最初から開発されています。もともとはFreeBSDやTrueOSなどのBSD系オペレーティングシステムのために考案され開発されましたが、関心と人気を得てLinuxシステムにも適応しました。

第二のものを第二に入れるために、この投稿は何ですか?私はこの時点でルミナのデスクトップの最初の外観を書くつもりです。私はちょうどいくつかの異なるコンピュータといくつかの異なるLinuxディストリビューションにインストールし始めました。技術的な詳細を書くのに十分な情報や経験がないので、これまでの私の経験を概観します。

より詳細な情報が必要な方には、元のコンセプトと設計目標からインストール、設定、プラグイン、ユーティリティを使用するまでのすべてをカバーする非常に良いLuminaハンドブックがあります。最初のセクション、Luminaの紹介には、あなたのために何ができるかを見極めるだけであれば、フィーチャーリストがあります。

これらのガイドラインが整ったら、始めましょう。最初のステップは、私のラップトップにLuminaをインストールする方法を理解することです。ウェブサイトのGet Luminaページには、Luminaを簡単にインストールできる(つまり、ソースを自分でコンパイルする必要なしに)ディストリビューションがリストされています。これらのディストリビューションにインストールする方法についての簡単な説明があります。

Manjaroはこのリストで私の目を引っ張りました。私はそれをかなり使っていたので、Luminaに焦点を当てたManjaro Community Editionがあるかもしれないという短い希望がありましたが、残念ながらそこにはありません。ただし、ランナをManjaroシステム(XfceまたはKDEのいずれか)にインストールすることは、pacman -S lumina-desktopと同じくらい簡単です。

PCLinuxOSへのインストールも簡単でした:apt-get update; apt-get install lumina-desktop。

最初にLuminaリポジトリを追加する必要があるため、Debian(Jessie / stableまたはStretch / testingのいずれか)は少し難しかったです。詳しい指示はGet Luminaのウェブページにあり、彼らは私のためにうまくいった。

openSuSE LeapへのインストールはopenSuSEビルドサービスを介して行われましたが、他のどのサービスよりも難しくありませんでした。

FedoraはLuminaのインストールに問題があった唯一のディストリビューションでした。これは、インストールしたいシステムがFedora 24を実行していたためです.Luminaの指示にFedora 22と23が記述されていました。 Fedora 24のためにFedora 23のための説明を書いていましたが、私はそれもやってみませんでした。この時までに私はそれを3つか4つの他のシステムにインストールしました。

ルミナをインストールしたら、ログアウトしてからログインする前に、ログイン中にセッションドロップダウンリストからLuminaを選択しました。最初に私が気づいたのは速度の違いでした。特に、私が試した最初のシステムはKDE Manjaroでした。最近のKDE Plasma 5ログインシーケンスを見ているなら、おそらく遅いことが分かります。本当に遅い。

ルミナは速いです。本当に速い。

あなたに近似を与えるために、私がKDE PlasmaにManjaroまたはopenSuSEのどちらかでログインするとき、私は通常、デスクトップが起動している間にコーヒーを飲みに行きます。今回は、ルミナが立ち上がり稼動する前にコーヒーカップを拾う時間がなかったので、使用する準備ができました。正直、私がインストールしたすべてのディストリビューションとデスクトップのうち、私が見た唯一のものはこれよりも速かったのはi3ウィンドウマネージャでした。

ルミナは実際に初めてログインするときに実際にデスクトップとそのアプリケーションメニューを構築するので、そのようにいくつかのステータスメッセージが表示されます。 Steamがインストールされていることが判明したので、デスクトップのクイック起動アイコンが自動的に追加されました。

J. A. Watsonの続きを読む

Insight – ファイルマネージャー。私はこれを何度も言及してきましたが、スクリーンショットを表示していないのでここにあります。それは興味深い一連の機能を持っています – 複数のタブを異なるビューで開き、共通の場所に簡単にアクセスできるブックマークを持つ機能が2つあります;ファイル情報 – なぜこれが ‘とにかくファイルマネージャの特別なケースですが、ここはそうです。このスクリーンショットは、私がこのユーティリティに関して奇妙なことを見つけたものの1つを示しています。ファイルとしてイメージを認識し、そのプレビューを表示すると、イメージのディメンションと解像度もどうして得られませんか? Lumina Open – さまざまな種類のファイルやディレクトリを開く際にユーザにGUIを提供し、提案されたファイルを開くためのデフォルトのアプリケーションと、他の可能なアプリケーションのリストを提供します。ルミナ情報 – これはデスクトップ環境設定メニューのルミナについてです。スクリーンショット – これはおそらく私のルミナユーティリティのお気に入りです。このようなスクリーンショットユーティリティを実際に使用しなければならない人が明らかに書いていました。私が最初にそれを見たとき、私はそれが役に立たないのはあまりにも単純すぎる(または最小限の)と思った。しかし、私は少しそれを使用した後、私はそれを愛した。シンプルでクリアで、必要なオプションとモードがすべてあり、非常にうまく機能します。キーボードのPrtScボタンにはデフォルトでバインドされています;検索 – アプリケーションとファイルとディレクトリのコンテンツを結合した検索ツールです。残念ながら、あなたは少なくともあなたが検索したいタイプを知る必要があります;テキストエディタ – さらに別のテキストエディタ – あたかも世界がまだ十分でないかのように。しかし、これにはルミナ特有の特徴や特徴があります。実際にこれを使用する可能性はゼロ以下です; Xconfig – xrandrコマンドのGUIフロントエンドです。それは基本的にxrandrの再実装です。なぜなら…まあ、私は理由は分かりません。しかしそれはそこにあります。

Linux Mint 17.3から18へのアップグレード、Gnomeソフトウェア経由でのFedora 23から24へのアップデート、Side-by-side:openSuSE TumbleweedとLeap

デフォルトのLuminaデスクトップには、左端にスタートメニューボタン、タスクマネージャ、右端にステータスアイコンとコントロールアイコンが表示されているシステムトレイがあります。これは、KDE、Xfce、Cinnamon、MATEなどの多くの他のデスクトップと非常によく似ています。パネルの位置は(上、下、左、右)変更することができますし、試したディストリビューションのいくつかについては、底部ではなく上部で事前設定されています。

ルミナ1.0.0 – openSuSE Leap 42.1

このスクリーンショットに示されているルミナメニュー(スタートメニュー)には、検索バー、お気に入りセクション、一般的に使用されるディレクトリ、ブラウザアプリケーション、およびファイルにアクセスするためのボタン、および環境設定ユーティリティが含まれています。メニューの一番下には[ログアウト]、[リブート]、[シャットダウン]、[Xscreensaver]をアクティブにする[ロック]ボタンがあります。

お気に入りエリアの最初の内容は、最初にログインしたLuminaによって作成されます。その後、頻繁に使用する新しいアイテムを追加するか、そうでないアイテムを削除するかのいずれかで、お気に入りをカスタマイズするいくつかの方法があります。このスクリーンショットでは、ターミナルとscreenshotユーティリティをお気に入りセクションに追加しました。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

デスクトップ上にアプリケーションランチャーを追加することもできます(上にはFirefox用に追加しました)。また、パネルにクイック起動ボタンを追加することもできます(私はKonsole端末エミュレータ用に追加しました)。

[スタート]メニューの[アプリケーションの参照]を使用すると、登録済みアプリケーションのリストにアクセスできます。そのリストがどのように表示されるかは、アプリケーションの表示方法を制御するメニューの上部にある[Show Categories]ボックスによって決まります。

Luminaアプリケーションの参照

左に示すように、「フルオン」のときは、簡単なカテゴリメニューが表示されます。いずれかのカテゴリをクリックすると、そのカテゴリのアプリケーションのリストが作成されます。

‘ハーフ・オン’のとき、中央に示されているようにボックスの斜めの半分の塗りつぶしで示されます。アプリケーションの分類されたアルファベット順のリストが表示されます(それは一口です)。このリストの各カテゴリには、そのアプリケーションのアルファベット順のリストが続きます。

オフにすると、右側に示すように、カテゴリー分割のないすべてのアプリケーションの単純なアルファベット順のリストが表示されます。

非常に賢い。

Preferencesでは別のメニューが表示され、オーディオボリュームの設定、ワークスペースの選択、デスクトップフォントの選択、Lumina Configure Desktopユーティリティの起動ができます。

Lumina 1.0.0 – Debian Stretch

メニューにアクセスする別の方法があります:デスクトップの背景のどこかを右クリックします。アプリケーションアイテムは、すべてのアプリケーションのカスケードカテゴリメニューにつながります。これは、例えばLXDE / LXQtの動作と非常によく似ています。

このスクリーンショットでわかるように、右クリックメニューには、[スタート]メニューと同じ[ファイルの参照]オプションがあります。同じ機能を実行し、ホームディレクトリのInsightファイルマネージャを起動するだけです。

このメニューには、端末エミュレータに到達するための最速の方法である端末オプションと、デスクトップ設定を編集するためのGUIユーティリティを起動する環境設定へのリンクも含まれています。

最後に、このメニューには[終了]ボタンもあり、シャットダウンウィンドウが表示されます。ログアウト、再起動、シャットダウン、サスペンド、およびロックを含む単一のウィンドウに到達することがわかりました。

ルミナのデスクトップ環境には、現代のデスクトップに必要なルーチン機能を実行するためのユーティリティ群も含まれています。重要なものもあれば、面白くて斬新な新機能もあります

確かに私がまだ探究していないLumina Desktop Environmentにはもっと多くのものがあります。私が最初に言ったように、ルミナハンドブックは非常に良いので、もっと学びたいと思ったらそれを必ず読んでください。それから、試してみてください – インストールは簡単で、実行中のシステム上では何も妨害しないので、本当の危険はありません。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします