ファイバーピギーバック:ポーランドが最も遠い地域に最も速いブロードバンドを得る方法を見つけた仕組み

欧州連合(EU)からの資金拠出と新たな計画が予定されているため、ポーランドは欧州の固定ブロードバンド・ラグガードとしての地位を向上させている。

ポーランドでは、企業や消費者向けのファイバブロードバンドはまだ標準的なものではありませんが、一部の地域ではその可用性を拡大するプロジェクトが開始されています。

ファイバーブロードバンドを家庭や民間企業に提供する最初の地方自治体の1つは、ウズベキスタンの都市集約事業の一部である約4000人の住民の農村地帯であるノーソソーナです。広大なウッズ地区の学校とブロードバンド・インターネットを結ぶプロジェクトに挑戦することにより、地方自治体はその地域を構成する15の村の家庭や企業(主に農場)のファイバー接続を支援しています。

合法的に、Nowosolnaは、物理的に教育ネットワークに平行して走るGPONネットワークに私有地を接続するプロジェクトを広げるために、いくつかのフープを飛び越える必要があった.Lodz市、近隣地区、EU広範囲の教育目的のために厳密に定められていた。

したがって、計画されたネットワークに家を接続するだけでは問題ありませんでした。」地方自治体側のプロジェクトの実行責任者であるJanos Kieler(Nowosolna副市長)は次のように述べています。私たち自身の予算とネットワーク事業者の洞爺からの投資から支払われる予定の学校ネットワーク。

そのために、洞爺さんは独自のヨーロッパの資金調達計画を立てました。主要動脈を掘削する費用は、他の当事者が合意するのに十分な取引を成立させるために、地域(ノーソーソルナと洞爺の間の地方自治体の資金提供を受けた教育プロジェクトの間)に分割することができます。 2012年初めに掘削が始まり、Nowosolna自治体の約500人の人々が繊維にアクセスしています。残りの部分は、2014年のコースと2015年の前半に分けて接続する必要があります。

1つの村には、すでにその地域の一部を通っている光ケーブルがありましたが、新しいネットワークの主要オペレーターである洞爺にとってはこれまでのところアクセスできませんでした。 Kieler氏は、次のように述べています。「しばらくすると、銅線だけが他の事業者に貸し出される可能性があります。 “しかし、ずっと前に、法律は繊維を含むように変更されたので、繊維を所有するISPとToyaとの間で協議が進んでいます。

ほとんどの農村のブロードバンドプロジェクトと同様に、その多くはヨーロッパの資金から支出されます。 Kielerによると、Toyaは約3.5百万ユーロのEU投資(およそ875,000ユーロ)を得ることができました。洞爺自体は3.5mのzlotysに入れなければならず、Nowosolnaは約800,000個のzlotys(192,000ユーロ)を鍋に加えました。それが始まった学校プロジェクト(メトロポリタン・ブロードバンド・インターネット・アクセス・ネットワークプロジェクト)は、主にヨーロッパの資金によって資金提供されています。この計画の総額1200万ユーロのうち約9百万ユーロはヨーロッパの資金です。

100Mbpsの広帯域化と容易なファイアウォール:ノルウェーの新連立がIT優先度を定め、O2がドイツで2014年にブロードバンドデータキャップを導入し、パワーユーザーがスロットルに突入、ポーランドの4G市場が150MbpsのLTEネットワークに移行

Kielerは、ケーブルが走っている土地を借りるときに、洞爺さんにはかなりの恩恵が与えられたと認めた。キラー氏は、「もちろん、それは法律に反しているだけなので、私たちはそれを与えることができない」と語った。そのため、月に1000のズロチス(250ユーロ)を合意した。これは、自治体。

最初の計画が2009年にNowosolnaで策定されて以来、この種の「ピギーバック」はポーランドの農村部ではじめて行われました。キラー氏は、「私たちはこれを行う第2の自治体だと思う」と語った。 “今、全国の地方自治体が同様の措置を講じている。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

参考文献