Condusiv、V-Locity 4を発表、仮想マシンのスピードアップを目指す

Condusiv Technologiesは、新しいストレージハードウェアを追加することなく、VMwareとMicrosoft Hyper-V仮想マシンのスピードアップを目指すV-Locityソフトウェアの最新バージョンを発表した。

以前はDiskeeperとして知られていた同社は、V-Locity 4から収益の30%を狙っています。現在、V-Locityは売上の10%を占めています。

V-Locity 4は、仮想マシンのパフォーマンスを向上させるために、サービスの読み書きプロセスを高速化するように設計されています。 Condusivは応答時間を50%改善すると主張しています。結論として、ボトルネックを最小限に抑えることで、より多くの仮想マシンをサーバーに詰め込むことができます。

Condusivの場合、V-Locity 4はネットワーク化されたストレージ環境での企業の位置付けを可能にします。

新しいユーザーインターフェイス; IntelliWriteと呼ばれる、Windowsがファイルを分割して再度書き込むことを防ぐテクノロジ;仮想マシンからの外部リソース使用を検出するV-Aware; VMを最適化するCogniSANと呼ばれるテクノロジ。

同社によると、最新のV-Locityには

V-Locity 4の基本価格決定層は2〜9コアです。このレベルのコアあたりの価格は$ 269です。最小構成は2コアで、定価は538ドルです。ほとんどのシステムは少なくとも4つのコアを持ち、1,076ドルの定価に相当します。

また、Diskeeperが改革し、Condusiv Technologiesになる

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaがバーチャル化GPUモニタリング、分析

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始