Cyber​​espionageはAPACのサイバー犯罪の傾向を上回る

サンフランシスコ – Cyber​​espionageは、アジア太平洋地域の大手サイバー犯罪傾向であり、より多くの人々が情報を収集してオンラインで共有するため、産業スパイ活動をデジタルプラットフォームに拡大しています。しかし、そのような活動をサイバー戦争と混同すべきではなく、いかなる行動も物理的な領域で戦争を誘発してはならない。

EMCのセキュリティ部門であるRSAの新技術部門責任者であるUri Rivner氏によると、アジアはサイバースパイシティの時代に入り、国家の俳優が他の国や企業の営業秘密を盗んでしまったと述べた。

この新しい開発は、国が経済価値の取引秘密を他の当事者から盗むために、その技術を利用して行う「より大きな規模の産業スパイ活動」であると付け加えた。

Rivner氏は、木曜日に開催されたRSA Conference 2012でアジアのWebサイトに語ったところで、この傾向は、アジア太平洋地域のユーザーがインターネットにさらされる割合が増えていることや、盗まれた情報から得られる利益の魅力。これらの利益は、天然資源、経済的または政治的優位性などの分野にある可能性があり、そのような詳細に対する強い需要には、サイバースパスニア活動に縛られているという。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

RSAの幹部はまた、2012年には、国家主導の攻撃、サイバー犯罪、ハクティビズムの合併が見られ、そのすべてがその年のサイバー攻撃のトップトレンドとして特定されていると指摘した。具体的には、財政的に動機付けられたサイバー犯罪者は、先進的な持続的脅威(APT)を使用して政府や軍のネットワークに違反し、ハックティビストやその他の国家関係者などの利害関係者に情報を売却する可能性がある、

私たちは、これらすべてのグループの間で使用されているツールの組み合わせを見ています」と述べ、「2012年がそのような観点から非常に面白くなることを保証することができます。

しかし、Rivnerは、非暴力的なサイバースパイションや他の関連するオンライン犯罪はサイバー戦争と混同してはならないと警告した。サイバー戦争は、「原子力発電所が他国から爆破された彼は、一部のアジア諸国では、サイバー攻撃の問題を「非常に真剣に」取り上げており、政府のWebサイトなどの重要インフラストラクチャの国防戦略を検討しているか、 。事実、アジア太平洋地域のほとんどの主要国には、攻撃と防衛のためのオンライン機能があります。

カスペルスキーラボの上級研究員であるRoel Schouwenberg氏は、国々が防衛的ではなく、サイバー攻撃や他のWebベースの脅威に対する防御の機能に焦点を当てているのは「怖い」と指摘した。

彼は木曜日のセキュリティ会議で開催された別のパネルセッションで、あまりにも攻撃的であることは、最終的にサイバー戦争につながるので、良い動きではないと述べた。

ガートナーのセキュリティ、リスク、プライバシーのリサーチ・バイス・プレジデント、アンドリュー・ウォールズ氏は別の見方をしていました。彼は、ウェブサイトにアジアの電子メールで、国家がオンラインネットワークを「不自然な環境」とみなし、そこでの国内の利益と優先順位を促進しないことを期待するのは現実的ではない、と語った。

商取引を促進するために、各国はサイバー犯罪を制限しようとしているが、スパイ活動や攻撃のために同じネットワークやプラットフォームを使用する能力を開発し維持する」と述べた。「非デジタルスパイ活動と同様に、個人的な個人、団体、組織として、彼らの行動や意図を隠したり隠したりする。

このように、デジタルアリーナは、国益を追求する国になると、物理的なものと変わらないとWalls氏は指摘する。

米国のサンフランシスコで開催されたRSA Conference 2012から報告されたウェブサイトアジアのEllyne Phneah

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン