5カ国における中国のモバイル投資

チャイナモバイルは、世界最大の携帯電話事業者であり、ドイツ、南アフリカ、ブラジル、ポルトガル、北朝鮮の5カ国に投資を検討している。

モーニング・ホイッスルによると、電話会社はさまざまなコンサルティング会社からの関連調査を求めているという。

チャイナ・モバイルの王建安(Wang Jianzhou)会長は、昨年3月、同社は海外への拡大を検討していたが、高値で後退したとの報告を発表した。 「チャンスが見えたが、価格が高すぎるため、中国の海外進出はほとんど進まず、近年では拡大している」と王氏は語った。

2007年にはチャイナモビル社が、CMPakとして現在知られているパキスタンの運営会社パクテルを2億8400万ドルで買収して初めて海外進出を果たしました。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアを置く「リーダーシップの位置」で:ビル・モロー

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow