シスコ、オープンプラットフォームの分析機能を使用してセキュリティソリューションを拡張

シスコは火曜日に発表された新しいオープンプラットフォームのアプリケーションと分析機能により、安全性とセキュリティのラインアップを拡大する予定です。同社のセキュリティエコシステムは、公共の安全、ユーティリティ、および産業環境向けのソリューションを提供するための共通のプラットフォームを開発者に提供するという目的で、Cisco Internet of Things製品と統合されます。

シスコのIPビデオ監視システムは、Connected Edge Storageを使用してすべてのCisco IPカメラに直接格納できるため、カメラの自動ストレージ、ビデオ監視マネージャとの同期、および有線および無線インフラストラクチャのシームレスな接続が可能です。

シスコのソリューションの目標を描くために、エコシステム開発者は、通信塔、石油リグ、公共安全車両、ユーティリティ、その他の産業および商業環境用のカメラで直接実行する分析アプリケーションを構築していると述べた。

シスコはまた、Cisco Instant Connectを拡張しました。これにより、認定されたソフトウェア開発者は、SDKをダウンロードしてSDKを使用してモバイルデバイスを接続し、モバイル通信をさまざまなアプリケーションに統合できます。

シスコはセキュリティソフトウェア会社Sourcefireを買収し、シスコはInternet of Thingsのセキュリティ上の課題を開始し、シスコはサイバーセキュリティ企業Sourcefireの買収を完了し、シスコはクラウドエンタープライズに10億ドルの投資で参加する

Guido Jouret、Cisco Internet of Things事業部の副社長兼ゼネラルマネージャーは、声明のなかで

シスコは、インターネットのすべての機会を広げ、スマートビデオカメラとデバイスとの即時通信を可能にするオープンなエコシステムアプローチを採用しています。シスコの安全とセキュリティのソリューションは、人々が従来のセキュリティ技術を使用してスマートな意思決定を支援する方法を変革しています。

 カバレッジ

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。