毎日のCuppa:Reportapalooza

マイクロソフト、グーグル、インテル、ノキア、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)はいずれも、第2四半期の結果を一晩中発表することに決めた。週末に向けて準備が整ったら、走りが落ちます。

マイクロソフトは、公的会社として初めて四半期ごとに損失を計上した。収益はUS $ 18億6,000万ドルで4億9,200万ドルの損失となった。

これは主に、同社がオンライン広告会社aQuantiveの買収を考えていたことが、Googleの市場を垣間見ることにより、62億米ドルの報酬を得たことによるものです。

それ以外にも、Microsoft CEOのSteve Ballmer氏によると、同社はWindows 8、Surface、最新バージョンのOfficeの発売を待っていることから、「最もエキサイティングな打ち上げ時期」を迎えているという。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Googleは第2四半期の業績が27億9000万ドルと好調であったと報告した。当四半期のGoogleの収益は122億1千万ドルでした。

同社が完成して以来、Googleの最初の結果であった.Motolola Mobilityの買収。モトローラの四半期売上高は12億5,000万ドルでした。

一方、ノキアは第2四半期の17億4000万ドルの損失を報告している。昨年以来、この四半期の売上高は26%減少している。この携帯電話機メーカーは、四半期に米国で60万台の機器しか販売していませんでしたが、アジア太平洋地域では260万台を販売していました。同社はWindows Phoneに行くことを決めたので、ノキアの株式は84%減少し、ノキアはまた、前四半期に10,000人の従業員を失った。それはすべてかなり荒々しいです。

Intelは、第2四半期の売上高は140億米ドルで、第2四半期の売上高の大部分は同社のデータセンター収入から得られたと報告しています。インテルは、今年下半期に予定されているインテルベースのタブレットと携帯電話のリリースと同様に、ultrabooksへの投資を銀行に引き渡し、今年の残りの期間、資金を引き出す予定である。

インテルのライバルであるAMDは、第2四半期の売上が3500万米ドルと減速したと発表した。同社は、消費者支出の低迷と、中国と欧州のデスクトッププロセッサの需要の低迷を嫌っている。

その他のニュースでは、マイクロソフト社は、同社がスタンドアロンで販売することを目指すソーシャルネットワーキングサービス「ヤマー」の買収を完了したほか、Officeスイートにバンドルしている。

Oracleは、「必要なコード変更量、重大な回帰問題の可能性、および修正プログラムの自動化が不可能なため、Oracle Databaseのゼロデイ問題を永続的に修正するつもりはない」と述べているこの段階ではパッチを当てるには複雑すぎる。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます