中国のモバイルH1の利益1.5%アップ、競争の警告

チャイナ・モバイルの上半期純利益は、前年度の622億元(US $ 101億)から1.5%増の631億元(103億米ドル)となった。

木曜日に発表された業績によれば、7億人以上のモバイル加入者を持つ通信事業者は、2013年6月30日に終了した6ヶ月間の純利益の増加が、インターネット事業を中心とした競争激化に起因していると考えている。

また、マクロ経済の低成長、ICT業界におけるより複雑な競争、OTT製品による影響の拡大、モバイル普及の継続による水平競争の激化など、さまざまな課題に直面しています」とXi Guohua、China Mobile会長と述べた。

同氏は、この課題がグループの市場地位に脅威を与え、その開発に対する下向きの圧力が高まっていると付け加えた。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアを置く「リーダーシップの位置」で:ビル・モロー

Xiは通信市場での競争が続くことを期待していると述べたが、China Mobileは引き続き積極的だが慎重な姿勢で投資機会を模索し、ブラダー市場でのプレゼンスを高めようと努力している。

通信会社はまた、前年度の2兆6,653億元(436億米ドル)から303.1億元(496億米ドル)の収入を得た。同社は上半期に、TD-SCDMAモバイル標準を使用したスマートフォンの販売が好調であったことを受け、今年上半期に6,600万台の携帯電話機を販売したと同氏は述べた。

チャイナ・モバイルの純利益は、木曜日に発表された第2四半期決算で、前年同期の344億元から2.5%増の352億元(58億米ドル)となったが、第1四半期の売上高は15%増の1,684億元(275億米ドル)報告。これと比較して、4月に発表された第1四半期の利益は、売上高が13.7億元(217億米ドル)に増加し、0.3%増の278億元(45億米ドル)となった。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow