富士通シーメンスライフブックP7230レビュー

富士通シーメンスのLifeBook P7230は、セキュリティのための指紋センサー、広域無線接続のための統合3G、最大限のポータビリティのための小さなフットプリントというモバイルプロフェッショナルのための3つの主要機能を提供するモバイル従業員のビジネスの注目を集めるべきです。それは期待に応えることができますか?

デザイン;超小型ポータブル製品として、LifeBook P7230は小型軽量で非常に優れた仕事をしています。重量は1.25kgで、ソニーVAIO VGN-TZ11XN / Bの1.19kgを上回っていますが、最近見た中で最も軽量なノートブックです。その20.1cm×27.3cmのフットプリントと2.7〜3.0cmの厚さはきれいにコンパクトで、誰もそれを日常的に持ち歩くことに合理的に反対することはできません。

Fujitsu Siemensの多くのノートブックとは異なり、LifeBook P7230は、リッドとキーボードのセクション間に強固なクラスプがありません。これは、蓋​​部分とベース部分が分離されるのを防ぐために、何らかの種類のケースに入れて持ち運ぶ必要があることを意味します。幸いにも私たちのレビューシステムにはきちんとしたジップアップスリップケースが付属していました。

ビルドの品質は概して堅実です。蓋の部分は、上記のSony VAIO VGN-TZ11XN / Bのような非常に薄い例よりも、ある程度はっきりしていますが、より丈夫です。富士通シーメンスの上半身は黒色、下段はダークスレートグレーを選択しても、魅力的ではないとすれば、ビジネス的なものです。私たちは熱を放散し、ノートブックをデスクの滑らかな表面に安定した状態に保つのに役立つ下面の多くをカバーする感謝しています。

画面は10.6インチです。コーナーからコーナーまで、1,280×768ピクセルの解像度を持っています。富士通シーメンスのクリスタルビューレイヤーは、背面に光源がある場合に画面を少し反射させますが、イメージを明るくクリアなものにするLEDバックライトのメリットがあります。

キーボードは優れていますが、手が大きい方にとっては少し小さいかもしれません。キーには多くのリターンがあり、押されるとうまくクリックされます。フルハイトの数字キー行があり、その上にファンクションキーの半分の高さとほぼ全幅の行があります。良い大きさのEnterキーと、カーソルコントロールキーの逆T配置があります。

キーボードの下には小さなタッチパッドがありますが、これは少し広い方が好きです。その下には、小さなマウスボタンが2つあり、それらの間に指紋センサーがあります。理想的には、センサが他の場所に配置されていることが好きだったので、マウスボタンを大きくすることができました。

蓋部とキーボード部はヒンジで接続されており、ノートブックを開くと2つの部分の間に隙間ができます。キーボードセクションには、ノートブックを閉じたときにこの隙間を埋める隆線があり、ノートブックが閉じられたときに表示されるステータスインジケータライトが含まれています。ノートブックが閉じられているときにも表示され、アクセスできるのは、Wi-Fiラジオの手動スイッチ、電源スイッチ(ノートブックがスタンバイモードのときは青色で点滅)、もう1つは「R」とマークされた2つのボタンです。

‘E’ボタンを押すと、マシンは「エコ」モードに切り替わり、オプティカルドライブ、PCカードおよびフラッシュカードスロットの電源がオフになり、Wi-FiおよびFireWireが無効になり、ディスプレイの輝度が低下します。あなたがボタンを押すと起こると言われていますが、エコモードが始動している間に少し待っていると、画面の明るさを低く設定しすぎて快適に使用できませんでした(ファンクションキーの組み合わせによりすぐに修正されます)エコモードをオフにします。 「R」ボタンを使用すると、コンピュータを外部メディアまたはネットワークドライブにすばやくバックアップできます。

機能:レビューサンプルには、1.2GHzで動作するIntel Core Solo U1400プロセッサが搭載されています。 LifeBook P7230のリフレッシュでは、同じクロック速度で動作するCore Duo U2500プロセッサを使用します。どちらのプロセッサも2GBのレベル2キャッシュと533MHzのフロントサイドバスを搭載しており、1GBのRAMが搭載されており、2GBまでアップグレードできます。リフレッシュされたマシンでは、他の仕様の一部も変更されます。

統合されたWi-FiはインテルのPRO / Wireless 3945ABGアダプタによって提供され、有線のギガビットイーサネット接続はMarvellから提供されます。 Bluetooth(2.0 + EDR)も統合されています。オペレーティングシステムはWindows Vista Businessです。

LifeBook P7230には、3G / HSDPAモジュールが内蔵されており、適切なSIMカードがあれば、高速広域無線接続を提供します。 SIMスロットはバッテリーの下にあり、ノートブックの背面にあります。富士通シーメンスは、接続を管理する独自の3G Watcherソフトウェアを提供しています。レビューモデルでは理論上の最大アップロード速度1.8Mbpsをサポートしていましたが、リフレッシュモデルではこれを3.6Mbpsにして7.2Mbpsを利用できました。ボーダフォンは、後者のスピードのサポートを(非常に限定的に)すでに発表している。

ストレージには、レビューモデルには60GBの東芝ハードドライブが4,200rpmで適度に回転し、80GBのドライブもあります。右側のモジュラーベイには、マルチフォーマットDVDリライタが内蔵されています。必要に応じて、第2のバッテリなどの別のユニットに交換することができます。

画面の上には、主にビデオ会議用に設計された小型のカメラがあります。解像度はVGA(640 x 480ピクセル)ですが、このモデルのリフレッシュバージョンでは1.3メガピクセルのカメラが搭載されます。

ポートとスロットは、LifeBook P7230の端に適切に配置されています。正面には、1枚のフラッシュカードリーダーがSD、xD、メモリースティックのメディアに対応しています。光学ドライブの後ろの右端には、垂直に取り付けられたUSB 2.0ポートがあります。その大部分はリチウムイオンバッテリで占められており、RJ-45(イーサネット)コネクタ用の収納スペースも備えています。右端には、USB 2.0、FireWire(IEEE 1394)、VGA出力、Type II PCカードスロット、およびオーディオ(マイクとヘッドホン)ジャックがあります。モデムの証拠は見つかりませんでしたが、背面のスロットにはRJ-11コネクタがあります。

ハードドライブの耐衝撃性の保護はますます一般的になってきています。特に、路面で持ち出される可能性が最も高い超軽量で薄型のノートブックが増えています。ショートカットがシステムトレイにあるユーティリティを使用して、感度を変更するようにFujitsu SiemensのShockSensorを設定できます。ドライブヘッドが引き込まれると、システムトレイの近くに通知が表示されます。

パフォーマンスとバッテリー寿命;その小さなキーボードは誰にも魅力を感じません。大きな手を持つ人はタッチ入力が難しいかもしれません。一般的に、LifeBook P7230は喜んで使用することができますが、静かな場所にいるとファンの騒音が気になることがあります。

マイクロソフトのWindowsエクスペリエンスインデックス(WEI)は、このマシンを非常に高く評価していないため、5.9のうち2.0という総合スコアを与えました。これは実際には最低のコンポーネントスコアに相当します。これは、グラフィックス(Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス)に適用された評価です。これは、ほとんどのビジネスユーザーにとってはあまり問題にならないはずです。プロセッサー(1秒当たりの計算)のスコアはわずか2.7でしたが、これはコア・ソロ・プロセッサーまでです(テスト中はプロセッサー速度に問題はありませんでしたが)。ゲームグラフィックス(3Dビジネスとゲームグラフィックスのパフォーマンス)が2.8で登場しました。 2つの最高得点は、3.4でのプライマリハードディスク(ディスクデータ転送速度)と4.3でのRAMメモリ(1秒あたりのメモリ操作数)になりました。

バッテリ寿命に関しては、Fujitsu Siemensは、主要6セル5,200mAhバッテリで最大7.5時間、オプションの2,300mAh 6セル2次バッテリをモジュールベイに搭載して最大11.5時間を要求しています。

結論として、Fujitsu SiemensはLifeBook P7230との間で、特に2つのUSBスロット、小型のタッチパッド、ノートブックを閉じた状態にするためのクラスプを備えていないことを忘れています。これらの鼻づまりは比較的軽度であり、修正するのが難しくないので、より刺激的です。しかし、全体的に見ると、この超小型ノートブックは見た目には驚かないかもしれませんが、確かに非常にしっかりしています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン