車の死:ヘルシンキの野心的な自家用車を殺す計画の背後にある技術

ヘルシンキは未来のための野心的な計画を持っている。 2025年までに、フィンランドの首都は、自家用車の所有権が無意味になる程度に公共輸送システムを改革するつもりである。大胆な取り組みは、より多くのバス、列車、またはタクシーを提供することだけでなく、最先端の技術と単一の手頃な価格の支払いシステムに基づいた新しい輸送インフラストラクチャーの創造についてです。

理論は次のようになります:車を所有しないことを選んだ家族を想像してください。彼らは学校で子供を捨てたいときは、代わりにオンデマンドのバスサービスを手配するだけです。彼らは乗り継ぎやバスを使って仕事をし、休日には夏の家に行くために車を借ります。彼らがヘルシンキを回る必要があるとき、彼らは都市バイクを使用し、重い荷物を保管するためにロッカーを借ります。サイクリング中に天気が変わった場合は、旅行プランナーが警告を発し、目的地に到達する別の方法を浸すことなく提案します。

計画の下では、これらのサービスはすべて単一のオンラインプラットフォームを通じてアクセスされます。人々は携帯電話料金のような働きをするサービスパッケージで輸送手段を購入することができます。多くの企業がこのプラットフォームを使用して輸送パッケージを提供することができます。旅行のニーズが変化した場合、パッケージを切り替えたりライバルに移動したりすることができます。

一部のGoogle Maps、City Mapper、Boris Bikesの一部、Uberの一部、そして資本家のすべてが無料であるように聞こえるが、ヘルシンキのビジョンはそれほど遠くはない。

技術の確立

フィンランドはスピントロニクスパイオニアの技術賞1億ユーロを授与し、フィンランドは昨年のスタートアップ資金に13300万ユーロを拠出し、フィンランドの「セーフハーバーのデータ」はスウェーデンフリーケーブル

丘の上を走っている多くの都市計画を送るイニシアチブの背後にあるインスピレーションは、輸送エンジニアSonjaHeikkiläによる修士論文から来ています。ヘルシンキ市企画部の委託を受け、Heikkiläの論文は、若者の自動車に対する態度の変化と、モバイル技術の採用と機能の増加が人々の首都周辺の変化を変える可能性があると主張した。

ビジョンは、すべての種類の[輸送]サービスが単一のポータルを介して一緒に使用されるということです」と、伝統的な公共交通機関に加えて、タクシー、車共有、まだ存在しないサービス。積極的なルートプランナーは、リアルタイムの交通データに基づいて旅を提案し、事故や気象条件の変化に起因する変化をユーザーに警告します。

それは現在のシステムからの劇的な変化です。ほとんどの都市と同様、ヘルシンキの公共交通機関は現在、地方自治体によって運営されています。伝統的なバス、列車、路面電車のサービスと、免許付きのタクシーと民間のタクシーが混在しています。

Heikkiläによって計画されたシステムに移行することは、小さな仕事ではありませんが、基盤はすでに敷かれています。

フィンランド交通通信部は、6月に地方自治体と企業のパートナーシップで開発されたリアルタイム交通情報サービス「トラフィックラボ」を発表しました。 Traffic Labは、所有者がシステムに参加している私有車両から収集した匿名のトラフィックデータをプログラム内の企業に報酬を与える。データには、交通情報や車載ナビゲーションシステムからの交通情報や運転ログなどが含まれ、既存の車載システムと新しくインストールされたシステムが混在して収集され、GPSによる情報の組み合わせ – 無線信号と移動体ネットワーク。

フィンランドの運輸省と地方自治体の大臣、ヘンナ・ヴィルクネン氏は、「フィンランドは交通実験のためのフィンランドを、現在、公道交通実験の国として宣言している」と述べた。

3Dプリンティング、3D印刷、木版加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーション、ビクトリア州は現地の技術者の夢の実現を目指しています、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの組織原理は何ですか?

その目的は、トラフィックラボと互換性のあるデバイスを最大60,000台の車にインストールし、2015年末まで計画を実行することです。その後、データは、関心のあるすべての企業(フィンランドまたは外国)に提供され、 2025年計画に必要な新しい輸送サービスを調査する。

フィンランドの首相Jyrki Katainenは、景気後退の激しいフィンランドが北ヨーロッパのシリコンバレーになることを望んでいますが、7百万円の天使税を払っていますか?

自家用車利用の大幅な減少によって残される大きな差を埋めるために、どんな新しい輸送サービスを使うことができますか?ヘルシンキ地方交通局のHSLはまだすべての答えを持っていないと認めていますが、既に稼動している興味深い新しいサービスがあります。

HSLは、2013年から賢いオンデマンドミニバスサービスであるKutsuplus(フィンランド語を「Invitation Plus」として翻訳)をトライアルしています。乗客はKutsuplusミニバスをオンラインで予約します。要求が提出されると、Kutsuplusシステムは、15人の勢力のミニバスのうちのどれが乗客を集めて目的地に運ぶのに最適かを判断します。ミニバスはシステムによって動的に再ルーティングされます。そのような変更はすべて、ミニバスが街中の新しい乗客を集めて落とし、途中で無料のWi-Fiを利用できるようになります。

このサービスは、フィンランドの新興企業Ajeloによって開発された独自のプラットフォームを使用しており、1,000台以上の車両をサポートするために拡張することができます。サービスを機能させるためには、1日に数百万回の計算が可能である必要があります。たとえば、5月の忙しい一日の間に、サービスのユーザーが8,000回の個別の旅行依頼をしました。このシステムは500万のA-to-Bルート評価を行い、その日に約16時間稼動する9台の車両10台のルートを調整しています。

現在、Kutsuplusには13,000人以上の登録ユーザーがいて、Kutsuplusのウェブサイトの一部である仮想の「Trip Wallet」を使って、旅の前にはタクシーより少ないがバス以上の旅費が支払われます。オンライン決済サービスやクレジットカードを使用してお金をウォレットに入れ、同じ会社の複数の家族やワーカーの間で同じウォレットを共有することができます。

現時点では、このサービスはデスクトップ用とモバイル用の両方に最適化されたウェブベースのUIを使用していますが、モバイルアプリのファミリーが開発中であり、Trip Wallet以外の追加の支払いオプションが可能です。

しかし、オンライン支払いの選択肢でさえ、ヘルシンキが計画しているものと比べて原始的です。

同市は、企業がさまざまな組み合わせでサービスを提供し、提供できるオープンマーケットの枠組みを構築したいと考えています。市は、どのようなサービスが提供されているのかを判断するのではなく、民間企業が多様なものを生み出すことができるような生態系の確立を促進するのに役立つ」と述べた。今日の電気通信と同じように、顧客は、オペレータと彼らが望むサービスパッケージを選択することができます。

このアプローチの最も重要な部分は、乗客が足で投票できることです。1人の運送業者が提供するパッケージに満足できない場合、別の運送業者に切り替えることができます。

しかし、データとサービスは戦闘の半分にすぎません。同様に重要なのは、彼らに栄えあるプラットフォームを与えていることです。

「現時点では、フィンランドの法律は、どのような種類のサービスが提供されているか厳格に規定されており、イノベーションの余地はあまりありません」とHeikkilä氏は言います。

これは、Kutsuplusサービスの背後にあるプラットフォームを作ったスタートアップAjeloのCEO、Teemu Sihvola氏もまた変更する必要があることに同意します。 「車のないヘルシンキを10年後に実現させるためには、革新だけでなく公共部門からの勇気も求められています。 「輸送の新しい革新は互いに協力し合うものでなければなりません。互いの競争ではなく、お互いを補完し合って、専用車を時代遅れにするサービスネットワークを提供します。

必要な変更のうちの最初のものは、2015年初めに始まり、パイロットプロジェクトがヘルシンキ市のVallilaで開始されます。パイロットは、列車、トラム、バス、駐車場、タクシー、カーシェアリング、クツプルプスなどの既存の輸送サービスに基づいて、新しい種類のサービスパッケージをテストします。

パイロットの詳細はまだ計画段階にあり、多くの人の中で最初のものですが、目的はすべてのモビリティサービスにアクセスして支払いを受けることができる単一のモバイルユーザーインターフェイスを作成することです。ユーザーは毎月の輸送費を簡単に監視し、異なるサービスの使用方法を最適化することで、車の使用が経済的でないか必要でないかを確認するのに役立ちます。

ITS(Intelligent Transport Systems and Services)フィンランドのCEOであるSampo Hietanen氏は、「この種の運送事業者ベースのシステムを構築するために必要な技術要素はそこにあり始めていますが、システムを構築できる構造が必要です。

これには、公共輸送チケットの販売における独占を取り除くなどの法的挑戦が含まれます。最も大きな技術的課題は、統一システムが使用されておらず、異なるシステムがお互いに通信できるようにするため、支払いの検証にあります。

ヘルシンキは、ライブ交通データや決済システムなど、さまざまな公共交通機関関連のデータを開くために、世界で最初の都市になることを計画しています。

フィンランドは第一に目指しているが、それだけではない。近所のスウェーデンでは、公共交通機関、カーシェアリング、レンタカーサービス、タクシー、自転車システムを1つのアプリと24時間年中無休のサポートと組み合わせ、環境にやさしいオプションを選択する人々のためのゲームフィーリング要素を組み合わせたヨーテボリでUbiGoサービスをトライアルしています。オーストリアやドイツなどでも同様の試験が進行中である。

より幅広く、欧州連合(EU)は、単一のサービス契約の下で、ユーザーの移動性と輸送ニーズを組み合わせるという目標を詳述している。おそらく予想通り、その会合はヘルシンキで開催された。この都市は、それが模範的に導くことができれば、他の人々が続くと確信しているようだ。

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

道路のバンプ

前方に曲がる道

フィンランド