AMDの第2四半期は予想を上回り、第3四半期は前倒し

AMDの第2四半期には損失があり、売上高は18%減少しましたが、見積もりを上回りました。

同社は第2四半期の損失を1億6,000万ドルの収益で7,400万ドル、1株当たり10セントと報告した。非GAAPベースの損失は、当四半期の1株当たり9セントでした。

ウォール街は、11億ドルの収入で1株当たり12セントの損失を見込んでいた。

声明の中で、AMD CEOのRory Readは、リストラの努力が成果を挙げ、同社は「重要な収益の成長と第3四半期の収益への復帰」を提供することを目指している。

同社の伝統的なCPU事業は、第1四半期よりも改善を示した。グラフィックスチップは1年前からオフだった。同社の従業員数は9,928人で、前年の11,737人から減少した。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す