シスコ、Wi-Fiの脆弱性を修正

木曜日に発表された勧告では、シスコは、Wireless Control System(WCS)に情報漏えい、特権の昇格、ネットワークへの不正アクセスを引き起こす可能性のある複数の脆弱性が存在すると警告した。

WCSは、計画、設計、システム設定、ロケーショントラッキング、セキュリティモニタリング、および無線LAN管理のためのツールを提供することにより、Cisco Aironet Lightweightアクセスポイント、CiscoワイヤレスLANコントローラ、およびCisco Wireless Location Applianceと連携して動作します。

影響を受けるバージョンは4.0.96.0より前のバージョンです。

第2の勧告では、シスコは、IT管理者に、ワイヤレスLANコントローラ、ルータ、アクセスポイントの複数の脆弱性を警告しました。サービス拒否攻撃、情報漏えい、アクセス制御リストの変更がシステムに残る可能性があり、攻撃者は完全な管理アクセス。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

影響を受けるバージョンおよび機器の詳細は、アドバイザリに記載されています。

シスコは、影響を受ける製品を所有している顧客に、パッチの適用を要請した。このパッチは、Webサイト上の勧告のハイパーリンクを介して入手できる。

イギリスのウェブサイトのトム・エスピナー氏がロンドンから報告した。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。