富士通シーメンスライフブックT4215レビュー

富士通シーメンスのLifeBookブランドは、いくつかの異なるノートブックファミリーで構成されています。 TシリーズはすべてTablet PCに関するもので、Core 2 DuoベースのT4215はコンバーチブルタブレットPCで、オプションの3Gデータ接続の利点が追加されています。

デザイン; LifeBook T4215はきちんと設計されたノートブックです。その黒と銀色の着色は珍しいことではありませんが、機械の内側にかなりの銀が見えることはまれです。このキーボードは、白いキーボードと並んで、LifeBook T4215に非常に特徴的な外観を与えます。

バッテリーと光学式ドライブの両方を搭載した状態で2.2kgの重さで持ち運びすると、LifeBook T4215が持ち運びに便利です。デスクトップ上のフットプリントは幅29.5cm、深さ25cm、最大点で3.8cmです。

T4215はコンバーチブルタブレットPCで、クラムシェルの画面とキーボードのセクションの間に蝶番があり、タブレットモードで使用するためにディスプレイが平らになるようにします。しかし、T4215を長期間使用して作業することは望ましくないでしょう。ノートブックは大きすぎて重くて扱いにくいです。デスクトップにも、座っても大丈夫です。

タッチスクリーンディスプレイは12.1インチを測定します。コーナーからコーナーまで、1,024×768ピクセル(XGA)のネイティブ解像度を備えています。従来の4:3アスペクト比のディスプレイがノートブックでどのくらい長く使われ続けるのか疑問に思っていません。ワイドスクリーンディスプレイで作業していたときには、通常は戻ってこないようにしています。 Fujitsu Siemensはこの画面を「AnyLight」と記述しています。つまり、オフィス内と同じように屋外で見ることができます。しかし、私たちが望むように、それほどシャープで明るい屋外であることがわかりました。

LifeBook T4215には、ノートブックまたはタブレットモードで閉じたときに、蓋とキーボードのセクションをしっかりと保持する2重のクラスプがあります。私たちは、このシステムを袋に入れて運ぶ必要がある人たちと同じように、この機能を普及させることは決してありません。

富士通シーメンスによれば、キーボードは漏れがなく、茶やコーヒーを手に入れずに作​​業できない不器用なユーザーには、ある程度の快適さを提供するはずだという。キーボードは応答性があり、使用するのに満足しています。キーを押すだけでなく、安心してクリックできるようになり、速いタッチ入力が可能になります。ファンクションキーの3/4サイズの行は、番号の行の上にあります。タッチパッドは素晴らしく幅が広く、2つのマウスボタンの間には便利なスクロールボタンがあります。

これはコンバーチブルのタブレットPCであるため、画面周辺のフレームにはさまざまなボタンが追加されています。ここにオン/オフスイッチがあり、5つの小さなボタンがあり、ディスプレイの回転やシステム設定、画面の明るさ調整、さらにはスクリーンキャプチャへのアクセスを可能にするオンスクリーンメニューを呼び出すことができます。スクリーンサラウンドには、2つのユーザーがプログラム可能なボタンと指紋センサーも搭載されています。

タッチスクリーンとやりとりするには、付属のスタイラスを使用する必要があります。これはパッシブユニットではなく能動的なユニットです(パッシブタッチスクリーンで指先を使用できます)。スタイラスはスクリーンの短い辺に沿ってハウジング内にあり、LifeBook T4215の持ち運び時にコードが邪魔になることが判明しましたが、コードを介して接続できます。一般に、パッシブタッチスクリーンを備えたタブレットPCを好む。

機能:LifeBook T4215のレビューサンプルはWindows XP Tablet PC Edition 2005を実行しますが、Windows Vista Businessでも設定できます。インテルの1.83GHz Core 2 Duo T5600プロセッサ(2GBのレベル2キャッシュ搭載)の周りに構築され、1GBのRAMが搭載されており、4GBまで拡張可能です。グラフィックスは、インテルの945GM Expressチップセットの内蔵GMA 950モジュールで処理されます。

ハードドライブは60GB、80GB、120GBのサイズで提供され、レビューサンプルはミッドレンジの80GBユニットを提供します。ドライブは5,400rpmで回転し、走行中はノックやバンプから保護するための衝撃センサーが組み込まれています。マルチフォーマットの2層DVDリライタは、ノートブックの右側にあるモジュラーベイにあります。これは、必要ない場合は簡単に取り外すことができます。重量を減らすため、またはセカンドハードドライブまたはセカンドバッテリーと交換することができます。

Wi-Fiは、IntelのPRO / Wireless 3945ABG 802.11a / b / gアダプタ、または当社のレビューサンプルのように、Atheros 802.11b / gモジュールによって提供されます。ブルートゥース2.0は、私たちのレビューサンプルには含まれていなかったオプションです。有線イーサネットは、Marvell Yukonギガビットモジュールを使用しています。

広域無線接続も別のオプションであり、レビューサンプルに記載されています。これは、最大1.8Mbpsのスループットを提供するSierra Wireless MC8755 3G / HSDPAアダプタによって提供されます。 SIMカードスロットは、ヒンジ付きカバーで保護されたノートブックの背面にあります。

このスロットの隣には、システムの3つのUSB 2.0コネクタと、赤外線ポートがあります。赤外線接続には視線によるアクセスが必要なため、ノートブックコンピュータがデスクトップモードになっているときの使用は、システムがタブレットモードになっているときにポートが横になっていても少しぎこちないかもしれません。

背面の反対側には、2番目のUSB 2.0コネクタと、イーサネット(RJ-45)ポートおよび外部モニタコネクタが付いています。

左端には3番目のUSB 2.0ポートとWi-Fi無線用の手動スイッチがあります。正面方向には、Type II PC Cardスロットが1つあり、その下にスマートカードリーダーがあり、指紋リーダーの上および上にセキュリティを追加することができます。

フロントエッジには、ツインスピーカー、ヘッドフォン、マイクロホンソケット、SD、MMC、メモリースティック用のフラッシュカードリーダーが搭載されています。

性能とバッテリ寿命;最大6時間のバッテリ寿命(MobileMark 2002でテスト済み)を使用することにより、LifeBook T4215は賢明に使用されても、就労日には見えない場合があります。モジュラーベイに2番目のバッテリーを追加すると、最大10時間の生産性が得られるとFujitsu Siemensは述べています。

テスト中にノートブックが10分以上スタンバイモードに移行した3時間のサンプルワークセッションでは、バッテリが半分以上消費され、6時間の見積もりがきれいであることがわかりました合理的。しかし、私たちはこの間の単純なワープロであり、3GまたはWi-Fi接続であり、かなり早くジュースが使い果たされる可能性があります。

上記のように、これはTablet PCとして使用する大型ノートブックであり、ノートブックが机の上に座っていたり、座っているときにこのモードで最も快適であることがわかりました。あなたが屋外でそれに挑戦する必要がある場合、明るい日差しで画面が見やすくないかもしれません。

結論:LifeBook T4215は、指紋センサーとスマートカードスロットがセキュリティ意識の高いビジネスバイヤーに訴求すべき、しっかりと構築されたコンバーチブルタブレットPCです。 3G / HSDPA接続性の追加もボーナスです。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン