Compaq Evo N400Cレビュー

Compaq Evo N400Cは、そのクラスの多くの標準機能を備えていますが、優れた点はほとんど見過ごされています。この700MHzモバイルPentium IIIシステム(128MB RAM搭載)は、テストした5製品の中で最も遅いものの、長時間のバッテリ寿命ではスピードの不均衡が解消されませんでした。

外見では、1.63gのEvo N400Cはうまく見えます – Compaqの通常の暗い色の仕上げは、銀色、クロム、パウダーブルーの3色のマウスボタンが少しずつずれています。キーボードは短い移動距離を持ち、軽くタッチしますが、ナビゲーションはG、H、B、Nキーの間に埋め込まれたトラックポイントを経由します。キーボードとケースヒンジの間に黒色のアイコンが付いた4つの光沢のあるクロムボタンが座っています。これは電子メール、検索エンジン、ホームページ、ヘルプシステムへのショートカットを表面的に提供しますが、レビューシステムでは何もしませんでした。オフィスライティングではアイコンが見えないので、ちょうど良いことです。

ユニットの前面にある2つの小さいクロムボタンはボリュームコントロールの役割を果たしますが、システムの背面には1つのパラレルポートとシリアルポートがあり、コンポジットビデオ出力もあります。 1つのPCカードスロットと、オーディオ入出力を備え、右側には、内部ソフトモデムとIntel 10 / 100Mbit / sネットワークインターフェイスへのケーブル接続用のソケットがあります。ケースの残りの側面には外部モニタソケットと電源入力があります。コンピュータには2つのUSBコネクタがあり、ケースの両側に1つ、ドッキングステーションに2つ、カスタムワイヤレスネットワークモジュールのふたに1つ追加されています。

ワイヤレスネットワークは、N400Cの最も顕著な機能です。システムユニットには、ふたの上部の右側に沿って銀製のバルジがあり、802.11bモジュールが適合します。カスタムUSB接続を介してコンピュータの残りの部分に接続し、アンテナは蓋の唇の近くに配置され、ラップトップが使用されているときは可能な限り高い位置に配置されます。 IntersilのPrism 2.5チップセットをベースにしたモジュールは、最初はうまくいきましたが、ベンチマークのために無効にした後は再び有効になりませんでした。代わりに、Windows 2000はネットワークケーブルが接続されていないと報告しました。ワイヤレスネットワーキングのための正常な状態だと思うでしょう。 Compaqのオンラインサポートやその他のさまざまな会話へのアクセスを試みたにもかかわらず、この問題は書面の時点では解決されませんでした。

ドッキングモジュールは、モニタ、パラレルポートとシリアルポートを複製し、PS / 2キーボードとマウスソケットを追加し、さらに2つのストレージオプションを提供します。テストしたモジュールでは、333ポンド(元VAT)でしたが、これは3.5インチでした。フロッピーディスク、CD-RWドライブなどがあります。また、オーディオソケットを複製し、大きなスピーカーを内蔵しています。ノートブックとの機械的な接続がしっかりしていて、押されたときにコンピュータを強く釈放する便利なビッグブルーのボタン(ロックあり)を持っています。

1,960mAhのリチウムイオンバッテリーは、わずか1時間半の間、ユニットに電力を供給します。これは競争の裏側にあります。より多くのランタイムが必要な場合は、余分なバッテリーを差し込むことができます。 1つの良い点は、ノートブックのベースにあるさまざまなネジに、キーボードを保持するものとケースを保持するものを区別するためのマークが付いていることです。しかし、何らかの理由で、ネジ自体には、どちらのタイプのドライバーでも取り外しが難しい刃が付いています。フィリップスクロスヘッドのように見えますが、そのようなツールを使用すると損傷を受けます。

コンパックのEvo N400Cは、ベンチマークやバッテリ寿命の点では不十分で、この700MHzバージョンは間もなく段階的に廃止されることを踏まえて、推薦するのは難しいです。それは、特にハーフポストのノートブックで、1,312ポンド(元VAT)の価格です。しかし、あなたがそれが実質的により小さい価格で付属しているのを見つけたら、それはバーゲンポータブルWindowsマシンを作るかもしれません。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン