2012年に中国が承認した特許は26.1%増加

中国が知的財産権(IP)に関する法律や規制を改善しようとしていることから、2012年に中国が承認した特許件数は前年比26.1%増加した。

China Dailyは、先週土曜日、国家知的所有権庁(SIPO)によって付与され、登録された知的財産が急速に成長していると報告した。

SIPUのティエン・リプ(Tian Lipu)委員長は、「2008年に国家知的財産権戦略を実施して以来、その国の市場プレイヤーは知的財産の創造、利用、保護、管理の能力が増している」と述べた。

これらの努力により、2012年にSIPOの承認を得た217,000件の特許が得られ、これは前年より26.1%改善されたと報告書は付け加えた。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

全体として、天津は国のIP制度を改善し、国内の中核的な競争力を強化し、同国の経済成長モデルを変革することに貢献していると信じている。

特許の承認は、IP環境を強化するための中国の努力の唯一の兆候ではない。今月初め、司法解釈が発表され、中国の最高人民裁判所は草の根裁判所に対する民事特許訴訟の聴聞会を指定することができた。そのような判決は、以前は中級以上の裁判所に限定されていました。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい