HPは2011年の見通しを確かなものとし、CEOはいません

Hewlett Packardは、同社が来年の見通しを発表したときに、同社が投資され、「コア市場を成長させ、隣接関係を攻撃する」ポジションにあることを金融アナリストに語った。

同社は、2011年度の売上高が前年比5〜7%増の1,315億~1,350億ドルになると予測している。 1株当たり利益は5.05ドルから5.15ドル、昨年より12-14%増加する。

ウォールストリートは1314億ドルの収益を期待していたが、HPが非GAAPベースの利益を1株当たり4.99ドルで提供することを期待していた。

HPはまだ恒久的なCEOがなく、将来的には財務的または戦略的であり、今後数ヶ月に誰が船を操縦するのかに応じて迂回路または2つに当たる可能性があるため、見通しは特に重要です。

批評家は、投資戦略に疑問を抱き、HPが「イノベーション」と同義であった企業として、買収によって技術を購入していたことを指摘している。

CFOと暫定CEOのCathie Lesjak氏は、本日、アナリストにプレゼンテーションを行い、2011年度の売上高よりも早く研究開発を成長させると発表した。研究開発投資は、「R&DターゲットとしたM&A。

イノベーションは、HPの中核であり続けており、今後も重要な役割を果たします。

しかし、買収のためには彼女らの言い分が無かったため、潜在的な買収が進むというチェックリストを強調するのに大変な時間を費やしました。市場と収益の拡大手段としての複数のセグメントにわたる技術の活用より広範な戦略。

その他のハイライト

:HPの暫定CEO:理事会はCEO候補を好む、私たちはOracle

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

幹部は、会議で提供された堅実な予測と戦略計画が、次のCEOが社内の誰かであることを示すものかどうか尋ねられました。 Lesjakはアナリストが、次のCEOが誰であるかについての議論から何かを取り除いてはいけないと言いました。同委員会は、内外の優れた候補者がいると彼女に言いました; Lesjakは、Palmの買収はPersonal Systems Groupの指針には含まれていないと強調しました。代わりに、Corporate / Otherセグメントでインキュベートされたままです。パームは長期的な投資だと彼女は言った。 WebOSのタブレットが登場している間に、タブレットを超えるモバイルオペレーティングシステムのためのより大きな計画があることは明らかである; Ann LivermoreとLesjakは数回、実際には、R&Dへの投資は、 「物事を維持する」とは対照的に、「新しいもの」の革新に多額の資金を投入する。 2008年には、R&D予算のわずか35%が、将来技術を進歩させる製品に向けられています。現在、そのセグメントは予算の58%を占めています。 Lesjakはまた、メンテナンスから革新的なドルへの傾向が会社全体で起こっていることを強調した;同社は大きなターゲット市場について語ったが、「他の話はここでは他の潜在的な市場を効果的にカバーしていない。具体的には、新たな成長のターゲットとして企業と新興市場を目指しています。デジタルコンテンツの成長は、複数のデバイス間のシームレスな接続の必要性を促しています。 1つのデバイスにデータを結び付けるオファーを受け入れるつもりはありません。 「デジタルコンテンツの量は18ヶ月ごとに倍増している」とLesjak氏は、「コンテンツを保存、管理、アクセス、印刷する必要がある」と語った。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Linuxはエンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をマイクロフォーカスに88億ドルで提供、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、マシン学習機能を強化ヘブンオンデマンドで