IBM、デスクトップ、ラップトップ部門を統合

今回の変更により、NetVistaデスクトップとThinkPadポータブル製品だけでなく、設計、開発、ロジスティック・オペレーションを組み合わせた新しいパーソナル・コンピューティング・デバイス・グループが生まれました。

IBMの(ibm)広報担当者Marta Decker氏は、「デバイスの競争力を重視することが主な目的だ」と述べ、「リソースを組み合わせて、ビジネスにとって賢明で、パーソナルコンピューティングデバイスに提供されます。

これは、最近のIBMのPC部門における2番目の大きな再編成です。 2月、ビッグ・ブルーは、インテルのサーバー操作を、PC部門からパーソナル・コンピューティングおよび印刷部門に変更した。サーバーが画像から外れると、多くのアナリストが、パーソナルコンピュータと印刷部門が第1四半期の損失をもたらすと予測している。

ガートナーのアナリスト、マーティン・レイノルズ氏によると、最新の変化は「世界ですべての意味をなさない。顧客はそうではなく、デスクトップとノートブックの製品を区別し、製品をさまざまな方法で処理するだけでは意味がない。

IBMは昨年、PC部門のコストを10億ドル削減しましたが、効率を上げるためにはそれをさらに絞り込む必要があります。新組織は、IBMの長年の技術ビジネス・リサーチにバンドルされていたが、アナリストのボブ・サザーランド氏によると、

私は、(デスクトップ)とノートブックが開発を分かち合うので、彼らはコストを削減していると思う」と彼は語った。

昨年、IBMは、LCD(液晶ディスプレイ)を中心に構築されたオールインワン・コンピュータを導入することで、デスクトップとポータブルの間のギャップを埋めるようになりました。サザーランド氏は、ノートブックのリソースであるデスクトップのさらなる変化を期待していると語った。 「1年で、なぜマザーボードはThinkPadのマザーボードですか?

この新しい動きはまた、ThinkPad TransNoteのように典型的なPCデザインを超えて、さまざまな種類のデバイスに焦点を当てる予定です。モバイル製品は、ノートブック、認識ソフトウェアとメモ帳を紙と組み合わせたものです。

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換

これは、デバイスに付随するものを示すものです」とSutherland氏は述べています;違いが進むのはフラットスクリーンです(例:IBMはフラットスクリーンの最先端にあります)。

LCDは既にノートブックやIBMが推進している重要な役割を果たしており、デスクトップ向けのLCDは2つのタイプのコンピュータの間のラインをさらに曖昧にする可能性があるという。

ThinkPadグループを担当していたFran O’Sullivan氏が、新しいパーソナル・コンピューティング・デバイス部門のゼネラル・マネージャーになる。ジョン・ジャッジはパーソナル・コンピューティング・アンド・プリント部門のジェネラル・マネージャーです。ハリー、デスクトップを担当していたニコルスは、コスト管理、大企業、直接導入の社長、副社長になる。

レイノルズ氏によると、コンピューター価格戦争が起こり、起こっていることや主要なプレーヤーがPC市場を離脱する可能性があるため、このような統合は大変なものだという。

IBMの製品を一堂に集めることで、IBMは市場での技術をすべて活用する機会を得ている」と同氏は話す。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする