HP、シスコの顧客を奪うためのトレードインプロモーションを開始

ヒューレット・パッカード(NASDAQ:Hewlett-Packard、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、社長兼CEO:ジェネラル・コミュニケーションズ社、以下Hewlett-Packard)は、ネットワーク巨大なCiscoに対する最も積極的な攻撃を開始した。

シスコのスイッチのブランド名を引き継ぐための「A Catalyst for Change」と呼ばれるHPのプロモーションは、2011年末の耐用年数の終わりに近づくだろうネットワークギアを目指しています。

トレードインプロモーションの条件では、シスコ機器を取り扱う顧客向けに、AシリーズおよびEシリーズスイッチの定価から20%削減する予定です。最小取引サイズは$ 100,000の定価です。具体的には、Cisco Catalyst 2960 / Sシリーズ、3560 / Eシリーズ/ Xシリーズ、3750 / Eシリーズ/ Xシリーズ、4500 Eシリーズ、4900シリーズまたは6500シリーズ、およびCisco Nexus 5000シリーズのトレードインが必要ですまたは7000シリーズスイッチ。

HPは、シスコ製品の移行サービスも提供し、相互運用性を保証します。

その文献では、HPは「シスコのロックインから解放する」ことを試みているが、細かいプリントを必ず読んでいると語った。

このピッチが参加者を見つけるかどうかはまだ分かりませんが、シスコのお客様はHPの製品を評価する可能性があります。 1つのことは確かです。ハードウェアベンダーは、より多くのテクノロジースタックを販売できる場合、価格で完了します。 HPがシスコのアップグレードサイクルに突入する可能性がある場合、HPは競合他社の利益率を圧迫する可能性があります。 HPは、IBMと同様にOracle Sunの顧客を対象とした同様のプログラムを持っています。

シスコのバイスプレジデント、エンタープライズスイッチング、ロブソデベリ、言った

多くの競合他社はトレードインプログラムを提供しています。顧客とパートナーは、イノベーションへの持続的な投資と、ポイント提供やインセンティブを超えたアーキテクチャーアプローチを重視することを示しました。 2010年にCatalystポートフォリオ全体の投資を含む収益の10%を上回るレベルでのR&Dへの継続的な投資は、シスコがどこに重点を置いているかを示しています。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Linuxはエンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をマイクロフォーカスに88億ドルで提供、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、マシン学習機能を強化ヘブンオンデマンドで