アジア太平洋地域のパソコン出荷台数が減少、中国は1位:ガートナー

ガートナーによると、アジア太平洋地域のPC出荷台数は前年同期比2.6%減の3,030万台となり、中国のPC出荷台数は初めての減少となった。

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

PCカテゴリには、デスクトップPCとモバイルPCが含まれます。

先月、アナリスト企業は同時期にPCの出荷台数が横ばいであったことを世界中に報告した。

第2四半期にオーストラリアは出荷台数が9.2%減少した。台湾にとっては、その数字は5%だった。

中国は5.4%のPC出荷減少を経験した。

ガートナーの主席アナリスト、リリアン・テイ氏は、世界経済は昨年、この地域のPC支出に鈍化をもたらしている、と語った。「市場に参入している代替製品の幅広い選択は消費者の消費にも影響を与えており、 PC支出。

しかし、インドとマレーシアは下落傾向を迎え、PC出荷台数はそれぞれ17%と21.6%増加した。これは主にモバイルPCの普及率の高さに起因しています。

多くのハイライトされたultrabooksの導入は、PCの需要を駆動することに失敗したとTayは、これは、デバイスの価格が高いままであるために可能性が高いと述べた。

しかし、ガートナー氏によると、ウルトラブックの価格は2013年第3四半期に下落する見通しだ。 10月のWindows 8のリリースにより、PC出荷台数は、ライバルのアナリスト会社IDCに反映された感情を高めるだろう。

先週IDCが発表した世界のPC市場レポートでは、現在の出荷の減速は、コンピューティング機器の更新を決定する前に、企業や消費者がWindows 8 OSのリリースを辛抱強く待っているためだという。

ガートナーによると、レノボはまだ第2四半期のPCスペースで一番上の犬であり、続いてAcer、Dell、HP、Asusが続いた。 5社のうち、LenovoとAsusだけがPC出荷台数を伸ばした。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を見出した

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能