シスコ、新しいセキュリティ製品を発表

ウイルス対策ソフトウェアメーカーのトレンドマイクロとの関係を拡大している最新の製品は、適応型脅威防衛構想の一環である。その取り組みにより、ネットワーキングの巨人は、セキュリティ攻撃から身を守る「インテリジェントネットワーク」を構築しようとしています。

シスコは、トレンドマイクロとのコラボレーションの一環として、インシデントコントロールシステムと、Cisco Intrusion Prevention Systems(IPS)のための分散型脅威軽減という2つの製品を立ち上げています。

このコラボレーションの下で、トレンドマイクロのTrendLabsは、ウイルス事故やウイルスシグネチャに関する最新の情報をCisco Incident Control Systemのお客様に提供します。この情報は、脅威が主要なネットワーク資産に到達する前に脅威をブロックするようにシステムを構成できるように設計されています。

Distributed Threat Mitigation for IPSは、ローカルベースの攻撃を識別、管理、排除できるように設計されています。この機能は、Cisco Security Monitoring Analysis and Response System(CS-MARS)バージョン4.1のアドオンの一部です。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

新製品では、シスコのIPSアプライアンスセンサーが脅威を検出し、モニタリング、分析、およびレスポンスシステムのバージョン4.1でネットワーク上の情報をCisco IPS対応ルータに配信し、脅威をブロックします。

ICSはトレンドマイクロの脅威管理サービスの情報を入手し、専用アプライアンスまたはスイッチやルータのシスコIPSソフトウェアにシンプルな命令セットを送信します」とシスコの製品および技術マーケティング担当バイスプレジデント、ジェフ・プラトンは述べています。

Cisco IPSシステムに送信される命令は、攻撃をブロックするためにネットワークサービスまたはネットワークポートをシャットダウンする可能性がある、とPlatonは述べている。 「アウトブレイクや被害が検出されてから数分以内に効果的に管理できるソリューションが顧客に求められています。

シスコでは、今月11月に新バージョンのIPSとルーターとスイッチ向けのインターネットワーク・オペレーティング・システムの新バージョンをリリースすると発表した。

ICSは11月に利用可能となり、価格は9,200ドルから始まる。

このウェブサイトNews.comのJoris Eversがこの記事に貢献しました。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。