ドコモ、「災害に強い」ソーラー基地局を試用

日本のドコモは、ソーラーパネル、大容量充電池、グリーン電力コントローラを搭載した従来のモバイルネットワーク基地局3基をテストします。

これは、先週の金曜日のプレスリリースによると、2011年の自然災害に続く防災的で環境にやさしい基地局の開発の一環です。

電話会社は、東京、神奈川、山梨県の最初の3機を含む、2013年の第4四半期までに関東・甲信越地区に10台のグリーン基地局を設置すると発表した。

基地局;昼間に電力を生成し貯蔵する太陽電池パネルを特徴とし、14-16時間の電力を蓄えることができる充電式電池で動作することができる。

「ソーラーパネルの発電は災害による停電時には昼間に施設を運転し、夜間には余分な電力を蓄えるために使用することができます」と同社は述べています。

今後は、燃料電池技術や風力発電基地局の導入などの新機能が含まれています。

2011年の地震は、テレコミュニケーションインフラを混乱させ、電話回線を使用できなくしてしまった。多くの代わりに、通信するためにソーシャルネットワークに回った。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアを置く「リーダーシップの位置」で:ビル・モロー

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow