中国はオンライン買い物客の7日間の払い戻しを提案

中国の議会に提出された火曜日の改正案は、購入した商品の払い戻しを受けることができる7日間の期間を与えなければならないと発表した。

チャイナデイリーは、消費者権利法の制定から20年後の草案案は、電子商取引者に契約を選択して一方的に解約する権利を付与することを目指すと発表した。

これは、全米人民代表大会常任委員会の立法委員会が、オンライン買い物客の利益を守るために消費者権利法を改正することを検討している初めてのことである。

中国の電子商取引市場は、2015年までに18兆元(2兆8600億米ドル)のオンラインショッピングを目指して、近年急成長を遂げている。中国のオンライン小売市場は100億件にのぼり、1.3兆元(昨年度は2,900億ドル)。

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインディアンテレコムを揺るがすCloud;?XeroはBPAY支払いのためのMacquarie Bank、SMB、WordPress管理ツールManageWP、E-Commerceを買収し、MasterPardとの提携を拡大

議会の議長を務める李獅子(Li Shishi)議長は、国会の議員にブリーフィングをしながら、改正案はインターネットショッピングだけでなく、TVや電話による販売もこの国で急増しているとの見方を示した。

李氏は、オンラインショッピングは伝統的なショッピングとは異なると説明した。オンラインショッピングは商品の真偽をチェックすることができず、詐欺的な広告である。

彼女は、1993年に制定された中国の消費者権利法は現在、オンライン消費者保護の保護に関する条項を持っていないと付け加えた。

「中国の消費パターン、構造、およびコンセプトはここ20年間で大きな変化を遂げました。このように、提案された改正案は、消費者が正確な情報を入手する権利を強調して、現在の消費者に法律を適用することを目指していると、売り手は自社の製品やサービスに関する本物の情報を提供すべきだと付け加えた。

「オンライン買い物客は、売り手がプラットフォームを使用しなくても取引が行われたeトレードプラットフォームからの補償を求めることができる」と草案の法律は述べており、電子商取引プラットフォームはe-shoppersに報酬を支払った後の売り手。

しかし、中国消費者協会(China Consumers Association)の劉春海(Liu Junhai)副局長は、改正案はB2C(B2C)の代わりにC2C(consumer-to-consumer)Webサイトで製品を購入する消費者を保護しないと述べた。

中国当局は現時点では、C2Cトレーダーに地方行政当局への登録を要求していないため、これらの業者の一部はかなりのレベルにまで拡大しているが、これらのトレーダーには課税しない。 Liu氏によれば、オンライン販売の約70%が消費者とC2Cのディーラーの間で行われているため、抜け穴を取り除くべきだという。

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携

GoDaddyがWordPress管理ツールManageWPを購入

PayPal、MasterCardとのパートナーシップを拡大