連邦政府の「不十分に管理された」データ保持計画における「混沌」

政府は、iiNetによると、実際にどのデータを保持する必要があるかについての詳細なしに、大量の必須データ保持制度を発表する際に混沌としている。

トニー・アボット議長とジョージ・ブランディス司法長官が国会議事堂の記者会見室に入ってから24時間以内に、計画を発表し、大量の必須データ保存制度を実施するため、アボット、ブランディス、ジュリー・ビショップ外相は、法執行機関の調査のために通信事業者が政府機関にアクセスするために保持しなければならない「データ」の定義と相反する定義。

既存のシステムでは、地方自治体の政府機関、ASIOまでの動物福祉団体が、令状なしで通話記録データにアクセスすることができます。

データセットの範囲、データが保持される期間、政府によって開発された新しいシステムの下でどの政府機関がそのデータにアクセスできるかは、すべて謎のままです。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

Brandis氏は今朝、電子メールと発信元、宛先、時間を呼び出すと述べたが、Abbott氏によると、今朝はWebの閲覧履歴も含まれている可能性がある。

報道によると、首相官邸は、Web閲覧履歴にアクセスするには令状が必要だと述べているが、AbbottとBrandisの両方の事務所は、Webサイトからのコメント要求に応えられていないと述べた。

データを保存する必要があるインターネットサービスプロバイダも、発表以来、政府の提案について暗闇の中にとどまっている。政府は業界団体であるコミュニケーション・アライアンスに対し、ISPに説明されると述べたが、iiNetの最高規制責任者のスティーブ・ダルビー氏は、政府からまだ聞いていないと述べた。

「私たちが得ている情報の大半はメディアです。

Dalby氏は、通信部門責任者のMalcolm Turnbull通信閣僚からまだ聞いていなかったが、元NBNの計画プロセスに報告を投げかけていたこと、NBNの計画に関する労働省の政府の対応は、 、そして不十分です “。ダービー氏は、連合政府はデータ保有について混沌としている、と本日発表した。

これは議論の余地のない問題ではない。それはとても混沌とすることは役に立たず、政府内でさえ必要なことについて不確実性があるプロセスをあまり管理していない。

Dalby氏は、政府が望むデータセットの唯一の書面による証拠は、VoIPを含むすべての通話記録、インターネット記録、電子メール記録およびサービスのすべての発信元および宛先アドレスを尋ねる検事総長からISPに提供された文書であると述べた。 「これはかなり広範なもので、「すべてが欲しい」と言われていました。

それ以外にも、彼は、電気通信会社がすでに保有しているものを保持するよう依頼されているという政府の声明だけを熟知しているだけで、政府は企業に未だ定義されていない「メタデータ」コミュニケーションの内容

Dalby氏によると、15%の市場シェアを持つiiNetは、毎日約3ペタバイトのデータをネットワークに持ち、メタデータとして保持するにはこのデータの約1ペタバイトを取り除く必要があると推定されています。

オーストラリア最大の電気通信会社Telstraは本日、同ウェブサイトに対し、提案書の詳細を提供することなく、データ保存の提案についてコメントすることはできなかったと述べた。

ターンブル氏は、閣議で昨日、必須のデータ保持体制の「原則として」承認されて以来、この提案についてコメントしていない。 The Conversationによると、この提案は閣議中に「内部爆発」を引き起こした。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン